放送ライブラリー

はじめまして!放送ライブラリーは、神奈川県横浜市にある放送番組のアーカイブ施設です!こ…

放送ライブラリー

はじめまして!放送ライブラリーは、神奈川県横浜市にある放送番組のアーカイブ施設です!このアカウントでは、イベントレポートや施設内外での様々な取組について発信していきます!

最近の記事

  • 固定された記事

はじめまして!放送ライブラリーです!~教育利用サービスとは?編~

はじめにこのアカウントの最初の記事で、放送ライブラリーの施設や事業の紹介をしました。 上の記事の中でも触れましたが、放送ライブラリーの公開番組は、貸し出しなどによる施設外での視聴はできません。しかしながら、公開番組を外でも視聴できるサービスを行っています。ここではその中の二つのサービスをご紹介します。 これまでの利用実績は以下の通りです。現在は、北は北海道から南は沖縄まで、幅広い地域でご利用いただいています。 今回は、大学をはじめとした教育機関の授業で教材としてご利用い

    • 制作者に聞く! ~番組制作の現場から~土曜ドラマ『探偵ロマンス』開催報告(2024.2.17)

      NHK土曜ドラマ『探偵ロマンス』の制作者によるセミナーを2月17日に開催しました。 『探偵ロマンス』(全4回)は、まだ何者でもない若き日の江戸川乱歩を主人公としたオリジナルドラマです。ドラマの中には江戸川乱歩作品へのオマージュがちりばめられており、乱歩ファンにとってはたまらない作品となっています。 一方、江戸川乱歩作品は未読の私も、ドラマの中の妖艶な世界と、現代の日本にも通ずる閉塞感が織り交ざる二面性にすっかり魅了されてしまいました! <番組の詳しい概要はこちらの記事をご覧く

      • 第53回名作の舞台裏「聖母モモ子の受難」開催レポート

        はじめに 1月20日、第53回「名作の舞台裏」を開催しました!今回は、市川森一脚本・堀川とんこう演出・竹下景子主演で、1982~97年にかけて計8本が制作された“モモ子シリーズ”の第2作「聖母モモ子の受難」(TBS)を取り上げました。 セミナー前半は、『聖母モモ子の受難』を上映。後半は、竹下景子さん・橋爪功さんをお招きし、堀川とんこうさんの証言映像(放送人の会収録「放送人の証言」)などを交えながら、モモ子シリーズやドラマ黄金時代について振り返りました。 ”モモ子シリーズ

        • 【上映会レポート】テレビに、胸キュン。輝きの80年代番組上映会

          2023年8月25日(金)~10月1日(日)にわたって、番組上映会「テレビに、胸キュン。輝きの80年代番組上映会」を開催しました。 (会場:放送ライブラリー) 今回は「企画展 テレビとCMで見る1980年代!1978~1989メモリーズ」に関連した上映会で、1980年代のテレビ黄金期を彩ったバラエティ・ドラマ・音楽番組を特集しました。 ◆上映番組(上映順、AプログラムとBプログラムを交互に上映)  ※上映順、放送ライブラリーでいつでもご覧いただけます。 Aプログラム:

        • 固定された記事

        はじめまして!放送ライブラリーです!~教育利用サービスとは?編~

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 制作者に聞く!
          放送ライブラリー
        • 「名作の舞台裏」開催レポート
          放送ライブラリー
        • スタッフおすすめ番組
          放送ライブラリー
        • 企画展レポート
          放送ライブラリー

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【番組を視聴する会】市民が記録した戦争 ~手紙、日記、作文、絵画で平和を考える~ 上映会の見どころ

          放送ライブラリーでは2月18日(日)まで、国内外の市民が体験した戦地や疎開先での暮らし、故郷・家族を想う気持ちなどを克明に記録した手紙、日記、作文、絵画などの史料を取り上げたテレビドキュメンタリーを特集上映しています(詳しくはこちら)。 今回は、上映番組の中から、担当Oよりオススメをご紹介します。 ◆報道特集 ポーランドの小さな証言者たち(1986.12.07放送/TBSテレビ) <番組概要> 第2次世界大戦でナチス・ドイツに踏みにじられ、600万人の命が奪われたといわ

          【番組を視聴する会】市民が記録した戦争 ~手紙、日記、作文、絵画で平和を考える~ 上映会の見どころ

          vol.5『ザ・ノンフィクション特別編 おじさん、ありがとう 子供たちへ…熱血和尚の遺言』(BSフジ/2020/99分)

          放送ライブラリーで公開している数多の番組から、スタッフがお勧めしたい番組を連載形式でお届けするこの企画、今回ご紹介するのは、テレビ番組アーカイブ兼企画担当のNです。 私は小学生の息子の母親なのですが、子供の気持ちを考えずに、頭ごなしに怒ってしまうことがあります。そして罪悪感を感じることもしばしば…。 「どうしたら子供と良い関係が築けるだろうか」 そんなモヤモヤを抱えていた時に出会ったのが、 「ザ・ノンフィクション特別編 おじさん、ありがとう 子供たちへ…熱血和尚の遺言」

          vol.5『ザ・ノンフィクション特別編 おじさん、ありがとう 子供たちへ…熱血和尚の遺言』(BSフジ/2020/99分)

          【公開セミナー】制作者に聞く!土曜ドラマ「探偵ロマンス」 開催のお知らせ

          ※応募受付は終了しました。イベント終了後、noteにイベントレポートを掲載予定です。 「制作者に聞く!」は、話題になった番組の制作スタッフから、番組誕生のいきさつ、番組にかけた思いなどを伺い、放送現場の“今”を伝える公開セミナーです。 今回は、江戸川乱歩作家デビュー100年の節目に放送され話題になった、NHK土曜ドラマ『探偵ロマンス』を取り上げます! 『探偵ロマンス』は、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の制作チームが再集結して手掛けた作品で、江戸川乱歩が乱歩になる

          【公開セミナー】制作者に聞く!土曜ドラマ「探偵ロマンス」 開催のお知らせ

          (動画更新)制作者に聞く! ~番組制作の現場から~『ハヤブサ消防団』開催報告(2023.12.2)

          テレビ朝日のドラマ『ハヤブサ消防団』の制作者によるセミナーを12月2日に開催しました。 ドラマ『ハヤブサ消防団』は、今夏に放送された池井戸潤原作の田園ミステリーです。これまでドラマ化されてきた池井戸作品とは一味違った本作。ネット上では考察合戦が繰り広げられ、大変話題となりました。 セミナー前半では、ドラマの第1話を上映し、後半は制作スタッフが登壇。放送中の反響から、撮影中のエピソードなどたっぷりとお話を伺いました。 演出の常廣丈太監督は「原作の精神を変えてはいけないと思

          (動画更新)制作者に聞く! ~番組制作の現場から~『ハヤブサ消防団』開催報告(2023.12.2)

          vol.4『連続ドラマ ロッカーのハナコさん』(NHK/2002/15分/全24話)

           放送ライブラリーで公開している数多の番組から、スタッフがお勧めしたい番組を連載形式でお届けするこの企画、今回は管理部のMKからイチオシの番組を紹介します。  今回紹介するのは、「連続ドラマ ロッカーのハナコさん」(2002.8.26~10.4放送/NHK)です。  「~のハナコさん」と聞くと、誰しも学校の怪談で有名なトイレの花子さんを連想するかと思いますが、このロッカーのハナコさんも一流商社・つばさ商事の社員ロッカーに住む幽霊です。  生前は仕事ができる有能な社員でし

          vol.4『連続ドラマ ロッカーのハナコさん』(NHK/2002/15分/全24話)

          vol.3『mrt特別番組 30年越しのノーサイド』(宮崎放送/2018/30分)

          放送ライブラリーで公開している数多の番組から、スタッフがお勧めしたい番組を連載形式でお届けするこの企画、今回はテレビ番組アーカイブ担当のSKからイチオシの番組を紹介します。 今回紹介するのは、 「mrt特別番組 30年越しのノーサイド」(2018.05.24放送/宮崎放送) です。 タイトルに「ノーサイド」とあることからわかるように、今まさにワールドカップが開催されているラグビーに関する番組です。(2023年10月現在) 番組紹介に先立って突然ですが、クイズです。 皆さ

          vol.3『mrt特別番組 30年越しのノーサイド』(宮崎放送/2018/30分)

          (動画更新)座談会「放送作家と振り返る1980年代!」レポート(2023.9.24)

          放送ライブラリー企画展「テレビとCMで見る 1980年代!」(10月1日まで開催)の関連イベントとして、座談会「放送作家と振り返る1980年代!」を9月24日に日本放送作家協会と共催で開催しました。 物心ついたのは90年代、80年代の番組はリアルタイムで見ていないアーカイブ兼企画展担当のNがレポートします。 登壇者は1980年代から今も現役で活躍されている放送作家3名です。 トーク番組『オシャレ30・30』(日本テレビ/1987-1994年放送)をはじめ、『オードリーの

          (動画更新)座談会「放送作家と振り返る1980年代!」レポート(2023.9.24)

          公開セミナー 制作者に聞く!「新型コロナの記録~記者が見つめた2020~」セミナーレポート(2023.7.8実施)

          はじめに7月8日に、公開セミナー 制作者に聞く!「新型コロナの記録~記者が見つめた2020~」と題したセミナーを開催しました。 新型コロナウイルスが感染拡大し、緊急事態宣言が出された2020年から3年。公開セミナーでは当時の社会の様子やコロナ禍に翻弄される人々の姿を取材、制作した2番組を取り上げ、前半は上映・後半は両番組の制作者によるセミナーを行いました。 前半・上映(取り上げた番組)上映したのは以下の2番組です。 この2番組は放送ライブラリーの8階視聴ブースでもご覧いた

          公開セミナー 制作者に聞く!「新型コロナの記録~記者が見つめた2020~」セミナーレポート(2023.7.8実施)

          『テレビとCMで見る1980年代!』開催レポート

                                             ※この企画展は終了しました※ 企画展担当Tです。 10月1日まで放送ライブラリーでは、『テレビとCMで見る1980年代!1978~1989メモリーズ』を開催しています! 漫才ブーム火付け役のバラエティ番組、ヒットチャートを盛り上げる生放送の音楽番組、流行の発信源のトレンディドラマetc…1980年代は、各ジャンルで伝説の番組が生まれ、若者文化をリードしたのはテレビと言っても過言ではないでしょう。 放

          『テレビとCMで見る1980年代!』開催レポート

          vol.2『わが兄はホトトギス』(南海放送/1978/53分)

           放送ライブラリーで公開している数多の番組から、スタッフがお勧めしたい番組を連載形式でお届けするこの企画。今回ご紹介するのは、現在開催中の上映会「ローカル・ドラマ紀行2」でもラインナップされている『わが兄はホトトギス』です。執筆は、施設・広報担当のSです。  本作の主人公は俳人・正岡子規。脊椎カリエスに侵され、寝たきりとなった身で著した随筆や日記「病牀六尺」「仰臥漫録」に基づき、子規最後の日々を綴ったドラマです。ちなみに子規が没したのは1902(明治35)年、あとひと月で3

          vol.2『わが兄はホトトギス』(南海放送/1978/53分)

          【BLセレクション】ローカル・ドラマ紀行2 上映会の見どころ

          放送ライブラリーでは昨年夏に引き続き、「ローカル・ドラマ紀行2」と題して、全国のローカル局が制作したドラマ番組を特集上映しています! 今回は、上映番組の中から、担当Oより特にオススメの3本をご紹介します。 ◆わが兄はホトトギス(1978年・南海放送) 愛媛出身の俳人・正岡子規が主人公のドラマです。 東京・根岸にある子規庵での晩年の生活を描いています。 なんといってもこのドラマの見どころは、正岡子規を演じる俳優・岸田森さんの狂気に満ちた演技です。看病してくれる妹・律への態

          【BLセレクション】ローカル・ドラマ紀行2 上映会の見どころ

          新型コロナの記録2020 ~模索の一年~ 上映会の見どころ

          放送ライブラリーでは、2020年度に放送された新型コロナ関連のテレビ・ラジオ番組、CMを特集上映しています。(7月9日(日)まで) ◆今回の上映会企画にあたって 2020年1月、国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認され、同年4月全国に緊急事態宣言が出されました。あれから3年。5月に新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけは5類へと移行しましたが、「2020年」は私たちの日常生活が一変した歴史に残る1年となりました。 緊急事態宣言による行動の自粛、日常的なマスク着用

          新型コロナの記録2020 ~模索の一年~ 上映会の見どころ